野球その他

【東京六大学準硬式野球】法大・鳴川が決勝打

決勝打を放った法大・鳴川

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 法大3―2早大(18日・早大東伏見)

 法大が延長にもつれ込んだ接戦を制して2つ目の勝ち点を挙げた。

 早大は5回、徳島有樹(4年=早稲田佐賀)の2日連続となる本塁打で1点を先制。追う法大は8回、2死満塁で代打の佐々木勇哉(3年=花巻東)が2点適時打を放ち逆転。9回に追いつかれるが、10回、大石悠月(2年=静岡)のこの日3安打目となる二塁打をきっかけに1死三塁とすると、鳴川宗志(4年=鳴門)の3試合ぶりとなる安打が決勝打になり、接戦を制した。

 法大・鳴川宗志「自分自身この試合までヒットが1本しか出ていなかったので、何としてでも打ちたいという気持ちが強く、その結果、決勝打になってよかったです」

最新一覧