アマ野球

江川さん「ショック」 元法大野球部監督の五明公男氏の通夜営まれる

元法大野球部監督・五明公男氏の通夜に参列した江川さん

 元法大野球部監督で、1日に大動脈解離のため亡くなった五明(ごみょう)公男氏(享年75)の通夜が15日、東京・町田市の南多摩斎場で営まれ、元巨人・柴田勲さん(75)、同・江川卓さん(63)ら1000人が参列した。

 法政二高(神奈川)の同期で、1961年のセンバツで優勝した柴田さん。2月中旬に電話で連絡し、「4月の同期会でまた会おうなと話した。そのときは元気だったのに。大学へ行く途中の電車で倒れたと聞いた」と急逝だったと明かした。故人の人柄は「オレと違ってまじめ一本」と言い、「寂しいけど、しょうがない」と沈痛な表情だった。

 恩師のもと、法大で4季連続優勝(1976年春から77年秋)を達成した江川さんは入学当時、受験で太ってしまい、1年春は試合で投げられる状態ではなかったという。それを再生したのが当時監督の五明さんだった。「本当に走らされた。体を絞って秋に優勝した」と振り返った。その恩人の急逝に「ショックです」とポツリ。「おだやかな監督でした。いい経験をさせてもらいました。感謝しかない」と故人をしのんでいた。

最新一覧