萩野公介が専門外の100メートル平泳ぎで自己ベスト「順調に来ている」

萩野公介

 競泳の東京SCスイムミートが16日、東京スイミングセンターで行われ、東京五輪代表が調整の一環として出場した。

 萩野公介(ブリヂストン)は専門外の100メートル平泳ぎで自己ベストの1分3秒33をマークし3位だった。「参加した選手がみんな課題をもっていいレースができたと思う。僕自身は平泳ぎだが、ベストを出すことができた。非常にみんな順調に来ていると思う」と振り返った。

 平井伯昌ヘッドコーチ「個人種目のなかで一番苦手な平泳ぎ。2016年のリオデジャネイロ五輪以降はベスト記録が出ていなかったので、平泳ぎではあるが本人も喜んでいた」と話した。

 女子100メートル平泳ぎでは青木玲緒樹(ミズノ)が1分7秒59で1位、0秒28差で渡部香生子(JSS)は2位。男子100メートル平泳ぎに出場予定だった佐藤翔馬(東京SC)は、ものもらいを発症したため棄権した。

最新一覧