【巨人】宮本和知投手コーチ、4失点の平内龍太に苦言も「大きく育てていきたい」

4回、降板する平内龍太

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(16日・東京ドーム)

 巨人の宮本和知投手チーフコーチが16日、試合後にリモート取材に応じた。

 この日2―2の4回から登板した平内が4失点でプロ初黒星を喫した。平内にとっては大きなチャンスだっただけに「自分のレベルをしっかり上げているところを今日はお披露目というところだったと思う。1番のチャンスを与えた。それぐらいの力はあると監督も私も思っていた。『よぉし』という部分で投げなければいけない場面だった。その辺の物足りなさを感じた」と指摘した。

 試合後に右腕を2軍降格することを明言。「今の実際の技術面においては制球力、1軍のレベルに達していない。ファームでは先発、抑え、中継ぎと色々なところをやらせて大きく育てていきたい。1軍、ファームのコーチ全員で平内というピッチャーを育てあげなきゃいけない」と今後の成長に期待した。

試合詳細

最新一覧