朝乃山、元横綱・朝青龍のおい・豊昇龍に不覚 “ワースト”4敗折り返しも「苦しくないです」

豊昇龍(右)に内掛けで敗れた朝乃山 (カメラ・小泉 洋樹)

◆大相撲夏場所8日目(16日、東京・両国国技館)

 大関・朝乃山(高砂)は、元横綱・朝青龍を叔父に持つ幕内・豊昇龍(立浪)に内掛けで敗れ、4敗目を喫した。初顔の相手に不覚を取り、「踏み込みが甘いのでやっぱり自分の相撲が取れないですし、前に出られない」と前を向いた。

 立ち合いはのど輪で押し込まれたが、得意の右四つ。だが、すかさず相手に潜り込まれると、左脚に内側から絡められた。「しっかり踏み込んで相手の当たりを受け止めて、左上手と思った。押し返されて、そのあとはまた中に入られたので、それで内掛けがやられたと思います」。高砂部屋の兄弟子でもある元横綱・朝青龍のおいっ子に大関戦初白星を与えた。

 新大関として臨んだ昨年7月場所以降、中日を4敗で折り返すのは自身ワースト。それでも、横綱不在場所で意地を見せたい大関は「苦しくないです。苦しくないです。自分自身の戦いですので、気持ち切り換えて自分の相撲を取ります」と自らを奮い立たせた。

最新一覧