【西武】松本航が5回までノーノーも…6回途中1安打3失点で黒星「悔しい」

力投する松本航

◆パ・リーグ 西武2―3日本ハム(13日・メットライフD)

 今季3度目の先発となった西武・松本航投手(24)が、6回途中1安打3失点で降板し、2敗目を喫した。

 まさかの展開だった。制球力を欠いて、5回までに4四球と不安定な内容だったが粘りを見せて、5回まで無安打無失点投球。しかし、1点リードの6回、先頭の代打・高浜にこの日、初安打となる中前打を許すと、そこから2者連続四死球でリズムを崩した。無死満塁のピンチで降板したが、継投した2番手・佐野が中前打を浴びて同点に迫られると、3番手・宮川は押し出し四球と犠飛で、松本に3失点が記録された。

 これには辻監督も「ちょっと残念」と落胆。カード頭を担う松本は「あのような形で降板してしまって悔しいし、中継ぎの方にも申し訳ない。ずるずるいってしまったところが一番の反省点」と唇をかんだ。

試合詳細

最新一覧