【日本ハム】引き分け挟んで3連勝 池田隆英が1094日ぶりのプロ2勝目

力投する池田隆英

◆パ・リーグ 日本ハム3―2西武(13日・メットライフドーム)

 日本ハムが引き分けを挟んで今季初の3連勝。先発の池田隆英投手(26)が6回3安打1失点の好投で移籍後初勝利を挙げた。楽天時代の18年4月15日以来、1094日ぶりの白星となった。

 打線は西武・先発の松本に5回まで無安打に封じられた。しかし6回に代打・高浜がチーム初安打を放つと、四死球にも乗じて一挙3点を奪取。逆転に成功した。

 7、8回は堀、井口がそれぞれ3者凡退の好リリーフ。2点差の9回は守護神・杉浦が1点を失いながらもリードを守り切り、3セーブ目を挙げた。

試合詳細

最新一覧