【巨人】先発のサンチェスがノーヒットで快投 8回1死で交代し今季初勝利の権利

力投する先発のサンチェス

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―中日(13日・東京D)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手(31)が13日、先発した。

 1点リードの2回に先頭の福田に死球、A・マルティネスに四球を与え出塁を許すと、その後1死一、三塁で平田の二ゴロ間に同点に追いつかれた。それでも粘りの投球を披露。中日打線にヒットを一本も許さず、打線の援護を待った。7回に広岡がソロを放ち勝ち越しに成功。8回で先頭の木下拓を左飛に抑え、代打・井領がコールされたところで交代した。

 7回1/3を109球無安打5四死球1失点、8奪三振と快投。今季初勝利の権利が舞い込んできた。

試合詳細

最新一覧