加山雄三、84歳バースデーに新曲「紅いバラの花」配信リリース&MV公開

11日に84歳の誕生日を迎えた加山雄三

 昨年8月に小脳出血で入院し、療養していた歌手・加山雄三の復帰作となる新曲「紅いバラの花」が84歳の誕生日となる11日に配信リリースされ、ミュージックビデオも公開された。

 自宅の倉庫を整理した際、1960年代に収録したオープンリールの音源が40本ほど見付かり、その中の1曲をアレンジした。60年代当時の歌声に加えて、今回新たに歌声を収録。半世紀の時を超えて生まれ変わった幻の1曲だ。ギターの響きが印象的で「夜空の星」「蒼い星くず」を思わせる王道の若大将ソングとなっている。

 加山本人がディレクションし、当時のボーカルを生かしながら、バンドアレンジと現在の歌声を収録。Aメロには60年代の加山が、Bメロは現在の加山が、戻ったAメロは当時の加山に現在の加山がハモをつけ新旧コラボレーションが実現した。小脳出血の発症から約8か月、すでに日常生活に支障はなく、自ら「奇跡的」というほどの回復ぶりを見せている。

最新一覧