【DeNA】平良拳太郎が右肘の張りで再び登録抹消 場外被弾の国吉佑樹も2軍へ

平良拳太郎

 DeNAの平良拳太郎投手(25)が10日、右肘の張りのため出場選手登録を抹消された。

 平良は今季初先発だった3月28日の巨人戦(東京D)で、右肘の張りを訴えて途中降板。翌29日に登録抹消となったが、最短の中10日で4月8日に再登録され、同日の中日戦(バンテリンD)に先発。5回1失点と好投したが、再び同じ右肘の張りを訴えたという。三浦大輔監督(47)は、「試合後に張りがあると言ってきた。(現在は)様子を見ているが、ローテーション通りは無理なので抹消した」と説明した。

 また、中継ぎの国吉佑樹投手(29)も登録抹消。国吉は9日の阪神戦(横浜)で、ルーキーの佐藤輝に場外アーチを浴びるなど1イニングで6失点を喫しており、2軍で再調整となった。

最新一覧