那須川天心、来年3月でキックボクシングを引退しボクシングへ転向「挑戦者になれるボクシングを次のフィールドに」

ボクシング転向を表明した那須川天心

 RISE世界フェザー級王者の“神童”那須川天心(22)=TARGET/Cygames=が、来年3月開催予定のRISEでの試合を最後にキックボクシングを引退し、ボクシングに転向すると10日、発表した。

 今後出場するキックボクシングの試合は最少2試合、最大4試合。キックボクシング引退後は2022年中のボクシングデビューを目指す。現在はキックボクシングの練習に加え、パンチの技術を上げるための練習を行っている。

 那須川は史上最年少(16歳)でRISEバンタム級王座を獲得。「神童」「キックボクシング史上最高の天才」などと称されている。決断の理由について「プロの格闘家の道に進ませてくれたキックボクシングに愛着もあり、感謝の念が強いです。しかし、まだ22歳。無敗のチャンピオンとして挑まれる立場のキックボクシングはいったん卒業し、自分がゼロからの挑戦者になれるボクシングの道を次のフィールドとして選びました」と説明。「ボクシングではゼロからのスタートなので、挑戦者としての那須川天心が勝ち上がっていく姿を見ていただきたいです」と意気込んだ。

 残りのキックボクシングの試合に関し、全力ファイトを約束。「全試合KOしたいです。引退に向けたカウントダウンとなる数試合だからといって、何かを変えるのではなく、これまで通りの準備、調整をして試合に臨みたい」と語った。

最新一覧