【日本ハム】栗山英樹監督、今季初の本拠地&有観客試合に「選手たちを見ていてすごく集中力があった」

試合後、上沢直之(右手前)らナインとエアタッチをする栗山英樹監督

◆オープン戦 日本ハム7―0西武(3日・札幌D)

 日本ハムの栗山英樹監督(59)が、ファンの力を改めて実感した。

 沖縄・名護での無観客キャンプを終え、この日から本拠地・札幌Dで開幕したオープン戦は有観客で開催された。開幕投手に指名されている上沢が5回無失点の好投を披露し、打線も近藤の適時打や相手のミスなども絡めて7得点を奪った。

 試合後、指揮官は「選手たちを見ていてすごく集中力があった。いいプレーをしないといけないという責任感や、(ファンに)喜んでもらいたいというのをすごくベンチで感じた。1年間を通して喜んでもらえる野球をやらないといけないと思いました」と振り返った。

最新一覧