ジュリア、敗者髪切りマッチに敗れベルトも髪も失い涙…中野たむが白いベルト戴冠

敗者髪切りマッチで敗れリング上でバリカンで刈られるジュリア(C)スターダム

◆スターダム10周年記念 ひな祭りALLSTAR DREAM CINDERELLA(3日・日本武道館)

 女子プロレス界の盟主、スターダムの10周年記念興行「ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA」が3日、東京・日本武道館で開催された。メインイベントのワンダー・オブ・スターダム選手権では、王者の”美しき狂気”ジュリア(27)が、”コズミック・エンジェル”中野たむ(年齢非公表)を相手に敗者髪切りマッチを敢行し、18分57秒、トワイライト・ドリームでマットに沈んだ。7度目の防衛に失敗し、王座と同時に髪を失った。

 先にペースを握ったジュリアだったが、その猛攻をしのいだ中野が新王者になった。場外で鉄柵攻撃や、机の上でのパイルドライバーや、グロリアスドライバーでたたみかけるジュリア。互いの頬を張り合う応酬も最後は、中野の執念が実った。スタイナースクリュードライバー(SSD)から、トワイライト・ドリームの連発で3カウントを奪った。

断髪後に握手する中野たむ(左)とジュリア(C)スターダム

 死力を尽くした戦いに敗れたジュリアは、リングに横たわり涙を流した。中野は「私はやっとあんたに勝てた。これ以上いらない。十分だから、髪なんて切らなくていい」とベルトを奪取したことに満足。敗者の髪切りを拒否した。

 しかし、ジュリアは「私はきょう、全てを懸けてお前と戦った。髪の毛もベルトも人生もかけて。あんたが勝ったんだよ。違うか。恥かかせるなよ」とマイクを投げ捨てると、リングに椅子が用意された。

 椅子に座りジュリア自ら中野にバリカンを手渡したものの、髪を刈ることを躊躇(ちゅうちょ)し、涙する中野。そこで、リングに“美容師”が登場。中野も客席も息をのむ中、ジュリアの「かっこよくやって」の掛け声で、公開散髪が始まった。

 左サイドと後頭部を刈り上げた状態に、中野は「ずるいよ。オシャレじゃん」と指摘。ジュリアは「おまえもやれば。お前がやったら宇宙一ブサイクになっちゃうもんな」と吐き捨てた。そして、中野は「ジュリア。あんたがいたから強くなれた。ありがとう」と前王者に感謝。ジュリアは「うるせえ! その白いベルトの価値は、私が上げたかったけど、お前ならやれるんじゃねえの」と中野にベルトを託した。

 その後、控室に戻ったジュリアは、再び刈り直し。丸刈りにされる様子がスターダムの公式ツイッターで公開された。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧