【西武】OP戦初戦零封負けに辻発彦監督は「ストレスたまる」 対外試合6戦白星なし

6回、選手交代を主審に告げる辻発彦監督

◆オープン戦 日本ハム7―0西武(3日・札幌D)

 チームにとってのオープン戦初戦で完敗を喫した。先発した松本は4回途中4失点で降板。打線は4併殺の拙攻で、守っても3失策といいところはなく試合後、辻監督は「ストレスがたまりました」と嘆いた。

 先発した松本の投球については「大胆にいかないと。慎重になりすぎたのでは」と分析。ソフトバンク、オリックス、ロッテと戦った練習試合を含めて、対外試合6試合でいまだ勝ちはなし。それでも指揮官は「そんなに勝たなくてもいい。これから上がってくると信じています」と余裕を見せていた。

 4日の日本ハム戦(札幌D)には、26日のオリックス戦(メットライフ)での開幕投手が決定している高橋が先発する。

最新一覧