【横浜M】ルヴァン杯仙台戦へ、前田大然「勢いに乗るスイッチを入れられれば」

トレーニングでボールを追うFW前田大然(中央)

 横浜MのFW前田大然は1日、横浜市内で行ったトレーニング後のオンライン取材に応じ、3日のルヴァン杯1次リーグ・仙台戦(ニッパツ)に向けた意気込みを語った。

 開幕・川崎戦(0●2)では先発入りを果たせず、後半開始からピッチに。試合を振り返り、「スタートから出たかった」と悔しさを吐露した。後半は今季練習で取り入れたことがなかったという2トップでのプレーだったが、スピードを生かしたプレスもかけ、徐々にではあるが攻撃の形も。しかし結果は無得点に終わり、黒星スタート。「ゴールを取らないと勝てない。FW陣は反省」とキッパリと言い切った。

 「いつまでも引きずってはダメ」とチームは2日後の戦いに向けて切り替えている。大会は違うは、1勝を手にすることでチームが得る自信は大きく、7日以降のリーグ戦(広島戦・日産)にも流れを呼び込む。この日の練習では川崎戦でもミスが見られたビルドアップの組み立てを入念にチェック。一つの得点源として重要なカギを握るセットプレーの確認も行った。

 開幕戦で左ウィングとして先発出場した高卒ルーキー・MF樺山諒乃介の存在も「刺激」となっており、次戦への気合は十分だ。「目に見える結果で貢献したい」と今季2ケタゴールも掲げているストライカー。「自分たちのサッカーをすれば勝てる。(攻撃の)勢いに乗るスイッチを入れられれば」と今季初勝利を見据えた。

最新一覧