藤間爽子、3代目藤間紫を襲名「祖母には負けません!」

継承式を終え、報道対応した藤間紫

 2009年に死去した日本舞踊家で女優の藤間紫さん(享年85)の孫で、女優の藤間爽子(さわこ、26)が28日、東京・赤坂の日枝神社で3代目藤間紫の襲名式を行った。歌舞伎の名優・市川猿翁(81)が2代目を継承してから12年ぶりの藤間紫襲名に、爽子は「祖母には負けません! 頑張ります!」と祖母超えを宣言した。

 コロナ禍の影響で昨年の襲名が延期し、1年越しの儀式は緊急事態宣言下で行われた。関係者の数も制限して行われ、「本当はごあいさつをしっかりしたかった。やっぱり寂しいです」。猿翁から「頑張ってね」と激励の電話もあり、爽子は「名を継いだから踊りがうまくなるわけではない。精進して、祖母の紫色に私の色を加えていきたい」と気を引き締めた。

 初代紫さんは舞踊家として87年に宗家藤間流から独立し、紫派藤間流を旗揚げした実力者。女優でも高く評価され、舞台「西太后」(95年)は代表作となった。舞踊家と女優の二刀流の先駆者で、爽子も祖母が歩んだ道に憧れ、女優のオーディションを受け、17年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演。今では劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」に在籍し、役者としての腕を磨いている

 「自分の中で切り替えたい」と、女優・爽子、舞踊家・紫の名をしばらくは使い分ける。襲名披露公演は来年1月29~30日に東京・国立劇場で予定されるも、襲名後“初舞台”は3月6日の「いとしの儚(はかな)」(東京・下北沢ザ・スズナリ)、“初舞踊”は3月28日の「藤間信乃輔舞踊会」(石川県立音楽堂邦楽ホール)を控える。「ここがスタート。舞踊と女優を生かし合いたい」と意気込んだ。

最新一覧