【DeNA】昨年トミー・ジョン手術の東克樹がブルペン入り「状態も右肩上がり」

東克樹

 DeNAの東克樹投手(25)が沖縄・嘉手納町での2軍キャンプ最終日の25日、ブルペン入りして立ち投げをした。

 17年のドラフト1位で入団し、1年目の18年に11勝を挙げて新人王に輝いた東。昨年2月に左肘側副靱帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けて昨年は登板なしで、リハビリ生活を送っていた。今キャンプもリハビリ組だが、この日が2度目のブルペンでの立ち投げ。順調に復活への階段を上っているようで「久しぶりにブルペンに入り、何の症状もなく無事に投げ終えることができ、ホッとしています。状態も右肩上がりで良くなっています」と話していた。

最新一覧