【DeNA】三浦大輔監督「ピリッとしなかった」…開幕候補大貫晋一&平良拳太郎が乱調

三浦大輔監督

◆練習試合 楽天10―2DeNA(25日、宜野湾)

 DeNAの開幕投手候補2人が初の大役へアピール出来なかった。

 先発の大貫晋一投手(27)が、3回6安打2失点と苦しむと、4回から2番手で登板した平良拳太郎投手(25)は予定された3イニングを投げきることが出来なかった。2回で8安打6失点。チームも2―10と大敗し、三浦大輔監督(47)は「ミスもいっぱいありましたし、ちょっとピリッとしなかったですね」と頭を抱えた。

 特にらしさが見られなかったのは平良。対外試合初登板だった18日の練習試合・阪神戦(宜野湾)は3イニングをパーフェクトに抑え、好調ぶりを見せていた。だが、この日は浴びた8安打が全て左打者。昨季は右打者に対して1割9分1厘だった被打率も、左打者は2割8分7厘。課題克服とはならず、指揮官も「平良はきょうは悪すぎた。両サイドのストレートも投げきれなかった部分もある。左バッターを並べられたのは去年からの課題。今日はそれが出てしまったのでしっかり対策を練らないといけないと思っています」と指摘した。

 だが、まだ2月。3月26日の開幕・巨人戦(東京D)までは1か月が残されている。指揮官は「ずっと調子がいいわけじゃないですから、ちょっとキャンプの疲れも出てくる頃かなと思って見ていましたけど、まだ1か月あるのでしっかりと修正して取り組んでもらえたらなと思います」と奮起を期待していた。

最新一覧