佳山明生「ひとときだけでも歌を聴いて元気を出していただけたら」東日本大震災復興ライブに登場

みんかよ音楽祭の出演者ら

 演歌歌謡曲の情報を毎月無料で発信しているフリーペーパー「みんなの歌謡曲」が主催する「みんかよ音楽祭」が25日、都内で行われた。

 今回は3月11日で東日本大震災から10年を迎えるため、今こそ復興に向けてエールを送りたいと、東日本大震災追悼スペシャルと銘打って開催。東日本大震災で地元・茨城県が被災した参加者の三城ゆり子が「歌手としてできることは、歌で復興支援をしていくこと。これからは“被災地”という呼び方をするのではなく、“復興地”という呼び方をしてさらに皆様にエールを送り続けていきたい」と考え、企画された。

 佳山明生(69)など全13組が出演。出演者全員で「花は咲く」などを大合唱した。出演者を代表して佳山は「コロナや地震などいろいろなわざわいがある中、このひとときだけでもわれわれの歌を聴いて元気を出していただけたらいいかなと思って駆けつけてまいりました」と語った。

最新一覧