【ヤクルト】高津監督、新加入のバンデンハークに期待大「すごく大きな1人」

高津臣吾監督

 ヤクルトの高津臣吾監督(52)が25日、獲得が決まった前ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手(35)への期待を語った。

 この日、沖縄・浦添での1軍キャンプ地で取材に対応。2年連続の最下位に沈むヤクルトは、昨季12球団最低のチーム防御率4・61と低迷した投手陣の補強が急務となっていただけに「実績のある投手が欲しかったというのが第一。リーグは違いますが日本で成功した外国人投手ということで実績は申し分ない。いつも言っているように、先発が弱い。そこを強化するすごく大きな1人だと思う」と期待を寄せた。

 右腕は15年にソフトバンクに加入。6年間で通算43勝を挙げたが、昨年12月に自由契約となっていた。現在は母国のオランダでトレーニングを行っているが、新型コロナウイルスの影響で外国人選手の入国は制限されており、来日時期は未定となっている。

最新一覧