【巨人】原監督、戸根千明を絶賛「動物的に投げる人が人間味。エイヤーじゃなかった」

試合中に桑田真澄投手チーフコーチ補佐(左)らと言葉を交わす原辰徳監督

◆練習試合 巨人4―3中日(25日・那覇)

 巨人・戸根が力投した。

 同点の8回から登板。無死一塁から一塁手の高卒ルーキー秋広がゴロを後逸してプロ初失策で無死二、三塁となった。ここでギアを上げた。

 高松、阿部を連続で空振り三振に抑え、三ツ俣を敬遠気味の四球で歩かせ、2死満塁から井領を3球三振。小林とのバッテリーでルーキーのエラーをカバーした。

 原監督は「ノーアウト二塁、三塁という場面から一球一球、非常に意味のあるボールを放れていた。どちらかというと動物的に投げる人が非常に人間味というかね。心技体すべて使いながら投げているというのは評価できますね。やっぱり組み立ても含めて考えながらね。エイヤー投法が、エイヤーじゃなかったよね」と評価した。

最新一覧