メッセンジャー・あいはら、一時重篤の昨年の肺炎は「加湿器の使い方が原因」と明かす

オンライン講演を行ったメッセンジャー・あいはら

 お笑いコンビ「メッセンジャー」のあいはら雅一(51)が25日、「自分に合った健康法」をテーマにオンライン講演会を行い、昨年5月に発症した「間質性肺炎」の正式な診断名は「加湿器肺炎」だったと明かした。

 あいはらは昨年1月、自宅の寝室で10年間使用していた蒸気式の加湿器を気化式に買い替えた。その2か月半後に微熱の症状が現れ、仕事場では治まるという日々を繰り返していたという。「4月末に高熱が出て、当初は知り合いの病院でレントゲン検査をしたんですけど肺が真っ白で、すぐに大きい病院を紹介されました」。重症の肺炎が判明し、入院後4日間は意識不明。1週間ICU(集中治療室)で治療を受けた際、夫人は「親せきがいたら集まってください」とまで伝えられていたと振り返る。医師が「加湿器肺炎」の専門家だったことから診断が確定したという。

 あいはらは「手軽さに落とし穴があるのかなと。加湿器の使い方に意外なリスクがあった。カビ菌を吸い込んでしまった。皆さん、水は毎日必ず交換してください」と訴えた。現在も加湿器がある場所に滞在すると症状が出る体質になったといい「一生、治らない。そばアレルギーとか、猫アレルギーと一緒」と告白。日常生活でかなり気遣いが必要で、「電気製品の店は何十台とあるんですよ。気づいて逃げることがある」と話した。

最新一覧