【巨人】原監督、小林誠司へ熱血指導「2割3分打ってほしい」

小林(左)の打撃指導を行った原監督

 巨人の原辰徳監督(62)が21日、那覇キャンプで小林誠司捕手(31)に打撃の熱血指導を行った。守備力を高く評価した上で「打率1割台じゃダメ。せめて2割3分は打ってほしい」と指令。炭谷、大城、岸田との激しい正捕手争いの中で打力強化を求めた。

 バックネット前でティー打撃をする小林の元に歩み寄った。身ぶり手ぶりで体の開きを抑えたコンパクトなバットの出し方を熱演。その後、フリー打撃で快音を連発した姿を見て「いい感じ」とうなった。

 昨年は開幕スタメンも、同3試合目に死球による左尺骨骨折で長期離脱。10試合、18打数1安打、打率5分6厘に終わった。不在中に大城が奮闘したが、小林の強肩や盗塁抑止力、菅野ら投手から信頼が厚い守備力、大声で引っ張るリーダーシップは大きな武器。今年は「覚悟を持って」レギュラー奪取に挑む。

 原監督も「いつでも気持ちは強い子だから。持ってる人間力、捕手としての資質の高さは認めている。彼がマスクをかぶれば安定感はある」と評価。だからこそ「(打率)2割5分とは言わないけど。2割3分は打ってほしい。1割台というのは10の1だもんな」と期待する。小林の打率向上がチーム力アップに直結する。(片岡 優帆)

最新一覧