筒井康隆さん、最新短編集「ジャックポット」で昨年死去の愛息との“再会”描く「伸輔は皆から好かれていました」…単独インタビュー<1>

最新短編集「ジャックポット」について大いに語った筒井康隆さん(C)新潮社写真部

 今年で作家デビュー61年目を迎えた筒井康隆さん(86)の最新作「ジャックポット」(新潮社刊)が17日、刊行された。収録された14本の短編は、言葉の洪水が続く超実験小説「漸然山脈」や自身が20歳だった時からの時代をノスタルジックに振り返る「一九五五年二十歳」など話題作がずらり。中でも出版前から大きな話題となっていたのが、昨年2月に食道がんのため急逝した長男で画家の筒井伸輔さん(享年51)への思いをつづった私小説的作品「川のほとり」。日本文学界の巨星が熱狂的ファン「ツツイスト」待望の新刊に込めた思いを聞いた。(構成・中村 健吾)

 作家・筒井康隆にとって、大きな意味を持つ作品が今回の短編集の最後に収録されている。

 先月発売の文芸誌「新潮」2月号に掲載されたとたん、あらゆる文学関係者が泣いたと大評判になった作品「川のほとり」。筒井さんが昨年2月に51歳の若さでなくなった一人息子で画家の伸輔さんのことを描いたどこか私小説的作品だ。

 物語は夢の中の「川のほとり」。そこで主人公の小説家「おれ」は亡くなって間もない息子「伸輔」と再会する。「おれ」はこの再会が自分の夢であることを知ってはいるものの、息子と静かに語り続ける。話が終わったら、その瞬間、夢が覚めてしまうから―。

 「父さん」

 「おう」

 「母さんは元気」

 「元気だよ」

 静謐(せいひつ)な筆致に新潮社出版部長の中瀬ゆかりさん(56)も「涙のあとをたくさん原稿用紙に残してしまった」とし、今回の短編集収録を熱望したと言う作品。読んだ者の誰もが涙する「川のほとり」。

 筒井さんは、さらに収録作品「一九五五年二十歳」のラストでも「なんとおれは八十五歳になった。二十歳のおれは、やがて作家になり、こんなに長生きするとは思ってもいず、まして息子が五十一歳の若さで死んでしまうなどとは夢にも思っていなかったのである」と、伸輔さんの死についてつづっている。

 今回、筒井作品としては非常に珍しい私小説的アプローチに踏み切った思い。また、今回の短編集の装画も伸輔さんの作品が彩っているが、この点への思いを筒井さんが初めて明かした。

 「伸輔は皆から好かれていました。特に編集者との交歓の席などで編集者とも親しくしていましたし、画業でも多くの人に知られていました。強(あなが)ち私小説的ではないと思います。今回の装幀も新潮社の方からの是非にも、というお話で実現したもので、新潮社装幀室の方にはただ感謝、感謝です」

 あくまで淡々と答えた日本文学界の巨人。話題作はさらにある。

 新型コロナ禍の日々をモチーフとした表題作「ジャックポット」。コロナとの闘いが続く激動の2020年という1年と並走しながら書いた理由。作品中、コロナへの恐怖感も率直に記されているが、筒井さんの胸中にコロナ禍の社会への絶望感があるのか。後半部分「ウイズ・コロナ編」をまるで終末SFのように描いた狙いも聞いた。

 「小生、正直の話、あまりコロナを恐怖してはおりません。この年の一番の出来事はやはり筒井伸輔の死であり、それに比べたらコロナは『大当りの年』の添え物みたいに思っています。怖がっているように書いたのはあくまで小説だからです」―。

 ここでも、その胸の中には亡き伸輔さんへの思いが、ずっしりと横たわっていた。

 ◆筒井 康隆(つつい・やすたか) 1934年(昭和9年)9月24日、大阪市生まれ。86歳。同志社大文学部卒業後の60年、家族で発行した同人誌「NULL」から短編「お助け」が江戸川乱歩によって「宝石」に転載され、作家デビュー。65年、処女作品集「東海道戦争」を刊行。SF第一世代として「48億の妄想」、「霊長類 南へ」など話題作を書き続ける一方、ジョブナイル「時をかける少女」、実験小説「虚人たち」、「残像に口紅を」など純文学分野でも最重要作家となる。「虚人たち」で泉鏡花文学賞、「夢の木坂分岐点」で谷崎潤一郎賞、「ヨッパ谷への降下」で川端康成賞、「朝のガスパール」で日本SF大賞、「わたしのグランパ」で読売文学賞など受賞多数。「ツツイスト」と呼ばれる多くのファンを持つ。「富豪刑事」、「パプリカ」など映像化作品も多数。アンソロジスト、劇作家、ホリプロ所属の俳優としても活躍している。

 <2>に続く

最新一覧