【F東京】DF岡崎慎、今季は「自分の分岐点」 昨季、清水へ期限付き移籍を経験

F東京のDF岡崎慎(F東京提供)

 沖縄キャンプ中のF東京のDF岡崎慎が27日、オンライン取材に応じた。この日は午前、午後の2部練習を実施。チームは1月4日のルヴァン杯決勝から約3週間の短期オフを経て新シーズンに向けて始動したが、「休み期間が短いと、なまる部分もあまりない。激しい練習をやれている」という。

 昨季、岡崎は清水へ約半年間の期限付き移籍を経験。下部組織から在籍するF東京を離れたことで「一回、親元を離れると言ったら大げさですが、サッカーを続けていく上で人として成長させてもらった」と実感している。

 これまで、けがによる離脱など、1年間を通して思い描いた通りのシーズンを過ごせたことがなかったという。プロ5年目を迎える今季は「自分の分岐点になる」。この日の攻守に分かれた練習ではディフェンス組だったが、ボランチ、センターバック、サイドバックをこなせることも強み。「けが人も出てくると思うし、どこに穴が空いてチャンスが転がってくるか分からない。どこのポジションがいいというより、やれるところで精一杯やることが大事」と意気込みを口にした。

最新一覧