佐藤駿は81・25点 「自信がついた」4回転ルッツの2戦連続成功目指す

佐藤駿

◆冬季国体 第1日(27日、名古屋市・日本ガイシアリーナ)

 フィギュアスケートの少年男子ショートプログラム(SP)で、全日本選手権5位で埼玉県代表の佐藤駿(16)=埼玉栄高=は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の曲に乗り、81・25点をマークした。「一つ目標でもあった80点を出すことできたのですごいうれしかった」と振り返った。

 少年男子はジュニア課題を滑るため、4回転をSPで跳ぶことはできない。3回転ルッツ、フリップ―トウループの連続3回転、トリプルアクセルを着氷した。「インターハイから連戦になったが疲れはそんなになく、かなりいい状態で来られた。去年は海外の試合と重なって出られなくて悔しかった。やっと今年国体に出られたので、優勝できるようにがんばりたい」。

 23日の全国高校選手権で4回転ルッツを成功させた。28日のフリーへ「インターハイで(4回転)ルッツを決めることできてすごく自信がついたので、今回もルッツを入れられるように頑張りたい」と意気込んだ。

最新一覧