フェンシング、東京五輪の出場権に関わる国際大会が3月に再開へ

フェンシングの東京五輪出場権に関わる国際大会が3月再開へ

 国際フェンシング連盟(FIE)は25日、昨年3月に延期していた東京五輪出場権に関わる主管の国際大会について、今年3月の開催に向け、準備することを決定した。26日に日本協会が公式ホームページで公表した。

 男女サーブルのW杯ハンガリー・ブダペスト大会は3月10日~14日、男女エペのロシア・カザン大会は同19日~23日、男女フルーレのグランプリ・カタール・ドーハ大会は同26日~28日に行われる予定。男女フルーレなどは延期前から開催地も変更された。日本協会は全種目で選手の派遣を決めている。

 各種目五輪出場に関わる選考大会1戦を残し、男子エペの山田優(26)=自衛隊=らが代表入りを確実にしている。

最新一覧