【日本ハム】新スローガンは「01karat~イチカラ~」栗山監督、原石たちの輝きに期待

21年のチームスローガン01karat~イチカラ~」を発表した栗山監督

 日本ハムの栗山英樹監督(59)が22日、札幌市内の球団事務所で21年のチームスローガン「01karat~イチカラ~」を発表した。宝石の重さを表す「1カラット」に、原点回帰の「一から」をかけた言葉。就任10年目の指揮官は、原石たちの輝きに期待した。ドラフト1位右腕・伊藤大海投手(23)=苫小牧駒大=は千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレ後、宝石になるべく自分磨きを誓った。

 栗山監督は目を輝かせた。新スローガンは、ダイヤモンドの中にさらに無数の宝石がちりばめられたデザイン。「(ベースを結んだ正方形の)ダイヤモンドの中で選手たちがいつもきらきらする。それが勝つ一番の近道」と選手を磨き上げる決意を示した。よりゼロ(原点)に近くとの思いから「01」と記されたロゴに「ファイターズらしさ、原点を示して勝ちきるシーズン」と決意を込めた。

 栗山監督にとって原点とは「野球小僧」だ。コロナ禍で外国人選手の来日見通しが立たない中、伊藤を筆頭に監督就任後最多4人の新人がキャンプ1軍スタート。「(中心選手が)本当にがむしゃらに必死になるような競争を起こしてほしい。そこには原石たちが入って行くのが一番。そういうものを彼らは持っていると信じている」。野球小僧そのままの初々しい姿勢が相乗効果を生むと期待する。

 1軍スタートの清宮、野村、吉田ら次世代を担う大粒の原石には、厳しい選別を示唆した。「その辺の選手は大勝負。前提として本当に勝負に行くから、我慢して(起用して)いる状況はない。自分で試合に出るポジションをつかんでほしい」。原石同士が激しくぶつかり合えばこそ、チーム力は磨かれる。(秦 雄太郎)

 ◆カラット 宝石の質量の単位。1カラットは200ミリグラムに当たる。また、金の純度を示す単位としても使われる。ダイヤモンド1カラットは直径約6.5ミリほど。ちなみにダイヤモンドの品質評価はカット(輝き)、カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)で決まるとされる。

最新一覧