【卓球全日本】伊藤美誠、2年ぶりVへ王手 石川佳純との決勝へ「気を引き締め直して臨みたい」

女子シングルス準決勝 決勝進出を決めた伊藤美誠(右は早田ひな)

◆卓球 全日本選手権 最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)

 卓球の全日本選手権は17日、女子シングルス準決勝が行われ、2年ぶり3度目の優勝が懸かる伊藤美誠(20)=スターツ=が決勝進出を決めた。前回女王の早田ひな(20)=日本生命=と1時間4分に及んだフルゲームの激闘を勝ちきった。両者は3年連続で準決勝で激突。19年は伊藤が4―0。昨年は早田が4―3で勝利していた。

 伊藤は最終ゲームを11―8で制すると、左手で小さくガッツポーズを作り、ホッとした表情を浮かべた。「接戦になるという準備はしていたけど、一本ずつ集中して、最後まで落ち着いて考えられた。お互いに今できる良さを出せて、本当に楽しんで試合ができた」と喜んだ。準決勝は石川佳純(27)=全農=と対戦する。「こういう大事な場面でしっかり勝てたことはすごく自信につながる。またしっかり気を引き締め直して、決勝に臨みたい」と意気込んだ。

最新一覧