【札幌】ペトロヴィッチ監督、転倒し左大たい骨骨折…手術受け開幕不在危機

ペトロヴィッチ監督

 J1札幌は16日、オーストリアに帰国中のミハイロ・ペトロヴィッチ監督(63)が2日に転倒して左大たい骨を骨折し、手術を受けたと発表した。現在は自宅療養中。クラブ側は完治後の合流を勧めており、2月27日の横浜Cとの開幕戦(札幌ド)は指揮官不在で迎える可能性がある。

 この日のオンラインイベントで今季活動を開始した札幌は、18日から沖縄で1次キャンプを実施。指揮官の来日は来週末の再検診後に決まる予定で、来日してからも14日間の隔離期間が必要となる。最短で2月20日前後に合流する可能性はあるものの、異例の指揮官不在でのキャンプインはもちろん、開幕後の数試合を四方田修平ヘッドコーチ(47)を中心に戦う覚悟も決めている。

最新一覧