【都市対抗野球】ホンダが11年ぶり3度目のV 決勝弾の井上彰吾が橋戸賞

11年ぶりの優勝を決め、喜ぶホンダナイン

 ◆第91回都市対抗野球大会 ▽決勝 ホンダ4―1NTT東日本(3日・東京D)

 4年連続34度目出場のホンダ(狭山市)は、決勝でNTT東日本(東京都)を下し、11年ぶり3度目の優勝を果たした。

 1―1の5回1死一、二塁で、3番・井上彰吾左翼手(29=日大)が決勝の3ランを放った。

 先発のルーキー・朝山広憲投手(23=法大)は8回1失点の好投。9回は主将・福島由登投手(30=青学大)がNTT東日本打線を抑え、ゲームセット。11年ぶりに黒獅子旗を手にしたホンダナインは、マウンドで歓喜の輪を作り、殊勲の井上はうれし涙を流した。

 NTT東日本は、優勝した07年以来、3年ぶりの決勝進出となったが優勝を逃した。

 大会MVPにあたる橋戸賞は、決勝での3ランなど10打点をマークした井上が受賞。特別賞には都市対抗史上初の通算100勝を達成したENEOS(横浜市)が選出された。

 今大会の表彰一覧は以下の通り。

▽橋戸賞 ホンダ・井上彰吾外野手

▽久慈賞 NTT東日本・向山基生外野手

▽小野賞 四国銀行(高知市)、西部ガス(福岡市)

▽若獅子賞 三菱自動車倉敷オーシャンズ・広畑敦也投手、ホンダ・朝山広憲投手、NTT西日本・藤井健平外野手

▽首位打者賞 ホンダ・佐藤竜彦外野手(5試合 20打数10安打 打率5割)

▽打撃賞 ホンダ・吉田叡生内野手

▽特別賞 ENEOS(横浜市)

最新一覧