渡部建、騒動での損害賠償の支払いは「金額については具体的に申し上げられませんが、終わりました」

会見の暴投で謝罪する渡部建

 多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日、都内で会見した。

 ブラックスーツにマウス・シールドを着けて会見場に現れた渡部。騒動による番組、CMなど降板による損害賠償について、「(支払いは)終わりました」と返答。「払わせていただきました。僕のしたことですので、責任を持って」と億単位とされる賠償金を自身で支払ったとし、「金額については具体的に申し上げられません」とした。

 渡部の不倫は6月に「週刊文春」の報道で発覚。その直後、渡部は所属事務所の公式ホームページで「多大なご迷惑をおかけしたと大変、猛省しております」などの謝罪コメントを出したが、公の場に姿を見せることなく活動自粛していた。そのために、会見を開かないことに一部から批判の声が上がっていた。

 また、日本テレビ系「ガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!」の収録に参加したと一部で報じられ、“みそぎ”が済んでいないとの声も上がっていた。

最新一覧