渡部建、「復帰は早過ぎる」の声に「そういう声が多いので、考え直さなければいけないなと思います」

会見の冒頭で謝罪する渡部建(中央右)(カメラ・清水 武)

 多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日、都内で会見した。

 仕事復帰について「早過ぎるのでは」など批判の声が集まっていることについて、渡部は「そういう声が多いので、考え直さなければいけないなと思います」と返答。「復帰は白紙?」と聞かれ、「そうですね」と答えた。

 さらに「収録した番組はお蔵入り?」と聞かれると、「僕の口からはお答えできない。大変、申し訳ないけど、私の口からは申し上げられない」と答えた。

 渡部の不倫は6月に「週刊文春」の報道で発覚。その直後、渡部は所属事務所の公式ホームページで「多大なご迷惑をおかけしたと大変猛省しております」などの謝罪コメントを出したが、公の場に姿を見せることなく活動自粛していた。そのために、会見を開かないことに一部から批判の声が上がっていた。

 また、日本テレビ系「ガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!」の収録に参加したと一部で報じられ、“みそぎ”が済んでいないとの声も上がっていた。

最新一覧