綾野剛が来年4月2日公開映画「ホムンクルス」主演…「心の闇」見える男演じる

映画「ホムンクルス」でホームレスの男を演じる綾野剛

 俳優の綾野剛(38)が、映画「ホムンクルス」(清水崇監督、来年4月2日公開)に主演することが30日、分かった。

 原作は、累計発行部数400万部を超え、カルト的な人気を誇る山本英夫氏の人気コミックス。記憶も社会的地位もなくしたホームレスの主人公が、頭蓋骨に穴を開ける禁断の実験「トレパネーション」を受けたことから、左目で人間の心のゆがみが異様な世界として見えるようになっていく―というストーリーだ。

 撮影は昨年末から今年初めにかけて都内で行われた。心の闇が視覚化するという衝撃的な内容に、綾野は「全てが初めてでした。世界観も、表現も、生き方も。僕が山本英夫先生の漫画の世界に初めて触れた時、今までに出会ったことのない感覚や悍(おぞ)ましさ、人間の奥底に眠る境地がそこにありました。映像作品となる本作にもその世界は確かに存在しました」と手応えを語る。

 「呪怨」シリーズなどで知られる日本映画界の巨匠・清水監督と綾野は初タッグ。清水監督が「撮影しながら、次第に綾野君はじめとする俳優やスタッフ陣、そして自分のホムンクルスが見えてきました」と語ると、綾野も「世界は瞳に映るモノ、見えているモノが全てではないという事実をお届けします」。新たな映像体験を届けるつもりだ。なお同作は、劇場公開用の特別素材を用い、日本国内で先行公開。その後Netflixで全世界独占配信も決定している。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧