【F東京】ACL・蔚山戦に逆転負け 先制点のFW永井謙佑「追加点を取れなかったのが課題」

後半40分、逆転ゴールに喜ぶ蔚山ナインと、対照的にがっくりのF東京ナイン(ロイター)

 ◇アジア・チャンピオンズリーグ東地区1次リーグ 第5節F東京1―2蔚山(30日)

 カタールで集中開催しているアジア・チャンピオンズリーグでF組のF東京は30日、蔚山(韓国)と対戦し、1―2で逆転負けを喫した。蔚山は勝ち点を13に伸ばし、同組の首位で1次リーグ突破を決めた。

 F東京は試合開始直後にFW永井謙佑がMF安部柊斗からマイナスのパスを受けると、ペナルティーアーク内から右足シュートを放って先制した。良い滑り出しを見せたが、前半終了間際にMF尹ビッカラムに直接FKを決められ同点。後半に入り、相手にペースを握られる時間が続く中、同40分、尹に2点目を決められ、敗戦した。

 試合後、永井は「もったいなかったが、気持ちを切り替えて次勝てるように頑張りたい。追加点を取れなかったのが課題。次の試合に生かせるようにしたい。チーム一丸となって戦いたい」とコメントした。

最新一覧