【DeNA】育成2位・加藤大が仮契約「三浦監督の見逃し三振がすごかった」

加藤大投手は横浜市内のホテルで仮契約を結んだ

 DeNAから育成ドラフト2位指名を受けた横浜隼人高・加藤大投手(18)が30日、横浜市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸340万円で仮契約。背番号は「102」に決まった。

 地元・神奈川出身で小学生の頃からベイスターズファン。ハマスタにもよく足を運んでいた。最速151キロ右腕は「見に行った試合で三浦監督がコーナーに投げ分けて、見逃し三振が多かった。すごいなと」と思い出を語った。

 最近では11月1日の阪神戦も現地で生観戦。好きな選手を聞かれ「山崎選手と梶谷選手」と即答。「直球が持ち味。支配下を目指して子どもに夢と希望を与えられるようになりたい」と、まずは3ケタから2ケタの背番号を目指す。

最新一覧