竹内涼真、観客の前でミュージカル曲初披露も「途中で喉をつぶしてしまった」とガックリ

製作発表会見を行ったソニンと竹内涼真

 俳優の竹内涼真(27)、女優のソニン(37)が30日、東京・Zepp Tokyoで主演ミュージカル「17 AGAIN」(来年5月16日~6月6日、東京建物BrilliaHALL)の製作発表会を行い、観客190人に歌唱姿を初披露した。

 2009年に世界累計約140億円の興行収入を記録した、バー・スティアーズ監督の同名映画が原作。負け組の人生を甘んじて受け入れていた、2人の子供を持つ父親(竹内)が、バスケットボールで将来有望だった17歳の姿に戻り、もう一度人生をやり直そうとするコメディー作品。今回が世界初の舞台化で、27歳の竹内は17歳と35歳の主人公を演じ分ける。

 会見のために3か月の特訓を重ね、同作の楽曲を2曲熱唱。緊張から「歌の途中で喉をつぶしてしまった」と肩を落とした。竹内は来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜・後10時半)に主演するなど、撮影と稽古でタイトなスケジュールになるが「来年の本番に向かって、死ぬ気で努力して、全力で楽しませて帰ってもらえるよう頑張ります」と意気込んだ。

 竹内とは初共演で夫婦役のソニンは、「ミス・サイゴン」「RENT」など数多くのミュージカルに出演するが、「竹内さんはとても初めての歌唱とダンスには見えない。それでいて、まだまだ伸びしろがあるので、稽古が待ち遠しいです」と、竹内にエールを送った。

最新一覧