小金沢昇司が釈放 「本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げる

釈放された小金沢昇司

 酒気帯び運転の疑いで警視庁高井戸署に逮捕された演歌歌手の小金沢昇司(62)が30日、留置先の警視庁東京湾岸署から釈放された。

 黒いスーツをまとった小金沢は「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、8秒にわたって頭を下げた。付き添った男性弁護士は「本人は体調も悪くて記憶も混乱しているので、改めて整理してコメント等させていただきます」と説明。集まった約50人の報道陣からは、酒量に関する質問が飛んだが小金沢は口を閉ざし、関係者が運転する車に乗り込んだ。

 小金沢は28日正午過ぎ、東京都杉並区方南の環状7号線を走行中にトラックに追突。呼気検査では、基準値を上回るアルコールが検出。小金沢容疑者の車に同乗者はおらず、トラックの運転手にけがはなかった。小金沢は「間違いありません」と容疑を認めている。

 この日午前、小金沢は身柄を東京地検に送られたが地検は勾留を請求せず、釈放となった。容疑を認めており、逃亡や証拠隠滅のおそれがないと判断したものとみられ、今後は任意での取り調べが続く見込みだ。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧