渋野日向子、68で暫定首位でホールアウト「ドライバーも振り切れて、先週よりいい」

2番、ティーショットを放つ渋野日向子(カメラ・岩崎 龍一)

◆女子プロゴルフツアー 最終戦メジャー JLPGAツアー選手権リコー杯第1日(26日、宮崎CC=6543ヤード、パー72、報知新聞社後援)

 渋野日向子(22)=サントリー=は1イーグル、3バーディー、1ボギーの4アンダー、68で回り、ホールアウト時点で首位に立っている。69の三ケ島かなが1打差の2位につける。

 渋野のコメント「17番(の前)までノーボギーで回れていたのがびっくり。自分でも落ち着かない感じで回っていて、17番でボギーがきて少し安心した感じ。全体的にティーショットもかなり振り切れた。セカンドも思い切って振るところは振って抑えるところは抑えて打てていた。何回かパーオンしてないが、外していいところに外していた。キャディーさんと考えながらできたのが良かった。まだミスショットもあるけど、ミスの幅も減ってきている。ドライバーも振り切れていて、先週よりも飛んでいるし良くなっている。(2日目に向けて)現時点ですごくいい位置にいるので、かなりの緊張感の中でやれると思う。久しぶりの位置で舞い上がってしまうこともあると思うけど、今自分にできることを最大限できるように18ホール回れたらいい」

最新一覧