日本で放流されたクロマグロ まさか米国で捕獲…1万キロ移動

 日本で放流したクロマグロが、太平洋を渡りアメリカ西海岸で釣られていたことが分かった。マグロ類の研究をしている水産資源研究センター・広域性資源部のまぐろ第1グループに、アメリカの全米熱帯マグロ委員会(IATTC)から「JGS―180339のタグが付いたクロマグロが、2020年9月28日にカリフォルニア州サンクレメンテ島近海で再捕された」との連絡が入った。再捕したのは、同州サンディエゴのチャーターボート「Royal Star」に乗船したアングラーだという。

 今回の報告を受けて日本ゲームフィッシング協会(JGFA)が調べたところ、この魚は、19年11月2日に和歌山県すさみ沖水深70~80メートルで、同協会メンバーの中前悦尚さんが釣った、叉長(頭の先端から尾びれの中心のくびれた部分までの長さ)35センチのクロマグロだったことが分かった。この魚は、タグを打ってすぐに放流。そこから約11か月。日本近海から太平洋を横断し、アメリカまで約1万キロを移動、再捕された時は叉長26インチ(66・04センチ)に成長していた。

 JGFAでは、85年からタグ&リリース活動を始めたが、カジキ以外で海外から再捕報告が寄せられたのは、このクロマグロが初めて。ちなみにカジキでは伊豆諸島・三宅島沖でタグ&リリースされたクロカジキが、12年3月に約8か月ぶりにフィリピン・ミンダナオ島近海で再捕されている。

最新一覧