【ソフトバンク】中村晃が先制2ランを含む2安打3打点「最高の雰囲気でできている」

3回、先制2ランを放ち、柳田(左)、周東(右)の出迎えを受けるソフトバンク・中村晃

◆SMBC 日本シリーズ2020第3戦 ソフトバンク4―0巨人(24日・ペイペイドーム)

 ソフトバンクの中村晃内野手(31)が、先制2ランを含む2安打3打点と大暴れした。

 3回2死一塁で、巨人の先発・サンチェスから右越えに2ランを放った。日本シリーズでの一発は2017年の第5戦以来となる4本目で、ポストシーズンは通算12号。「追い込まれていたので、何とか低めの球を振らないように。最後に甘い球が来た。いい手応えでした」と笑みを浮かべた。

 7回1死一、二塁では、右前適時打で3点目を挙げた。「みんなでつないでつくったチャンス。何とか追加点になればと思っていました。最高の雰囲気でできている。最後の力を振り絞って、全員で勝ちにいきたい」と、選手会長はチームの思いを代弁した。

最新一覧