【ソフトバンク】日本シリーズ史上初の2年連続スイープと4連覇に王手 工藤監督の一問一答

3連勝とし、抑えの森(中央)を出迎えるソフトバンク・工藤監督(左)

◆SMBC 日本シリーズ2020第3戦 ソフトバンク4―0巨人(24日・ペイペイドーム)

 ソフトバンクが日本シリーズ(S)の連勝を11に伸ばし、史上初の2年連続4連勝Vに王手をかけた。本拠地では日本S15連勝とし、ポストシーズンの連勝も15に伸ばした。

 ソフトバンクは3回2死一塁で、中村晃内野手(31)が右越えに先制2ラン。7回は1死一、二塁から中村晃の右前適時打とジュリスベル・グラシアル内野手(35)の右前適時打で2点を追加した。

 マット・ムーア投手(31)が7回まで無安打2四球の快投。リバン・モイネロ投手(24)も無安打に抑えた。森唯斗投手(28)が9回2死から丸に初安打を許したものの、1安打に抑えて完封した。

 以下は工藤公康監督(57)のインタビュー

 ―3連勝

 「とてもうれしいですし、今日勝ててほっとしています」

 ―本拠地、ファンの声援、熱を感じた?

 「すごく感じました。選手も感じたようで、初回からエラーもあったが、ムーアが素晴らしいピッチングで何とか0で抑えてくれたのが大きかった」

 ―ムーアが7回で降板

 「こんな大きな舞台でノーヒットに抑えるのは、心技体がしっかりとこのゲームに向けて調整してくれた表れ。少し疲れも見えてきた。今日はどうしても勝ちたかったし、ペイペイドームで負けるわけにはいかないという思いがあったので、すみません、7回で代えさせていただきました」

 ―中村晃が活躍

 「こんな大きな舞台で、点の欲しい時にあのホームランを打ってくれたのは、さすが。中村晃選手会長、素晴らしかったです」

 ―完封リレー

 「ピッチャー陣、リリーフを含め、甲斐拓也が素晴らしいリード。打撃陣も2点で終わらず、追加点のヒットタイムリーと、決して気を抜かないで、最後までしっかり攻めていくという気持ちが試合の中に存分に出ていたと思います」

 ―ポストシーズンは15連勝

 「日頃の準備の仕方が素晴らしい。苦しい状況で始まったシーズンだったけど、しっかり試合に集中して、みんなが日々過ごしてくれた。ここに来ても結果として出ていると思う」

 ―4連覇に大手

 「今シーズンは日々新たに、3連勝して皆様に勝利を届けることができたのはうれしいですし、明日も勝利を届けられるように一戦一戦、戦っていきます」

 ―明日に向けて

 「今日は皆さんの熱い思いが選手たちに伝わり、勝利することができました。明日からも一戦必勝と強い思いを持って戦って行きますので、応援よろしくお願いいたします」

最新一覧