【巨人】原監督「全員が悔しい思いをしている」球団史上初1安打敗戦で日本シリーズ8連敗

戦況を見守る原辰徳監督(カメラ・橋口 真)

◆SMBC 日本シリーズ2020第3戦 ソフトバンク4―0巨人(24日・福岡ペイペイドーム)

 巨人が9回2死まで無安打無得点で敗れ、日本シリーズ3連敗でソフトバンクに王手をかけられた。

 相手先発・ムーアの前に7回まで無安打。8回はモイネロの前に若林、岸田、田中俊、重信と1イニング4人の代打を送ったが、連続四死球による1死一、二塁の好機をいかせず無得点。9回2死、丸が森から中前安打を放つまで、1本のヒットも出なかった。

 投手陣は先発のサンチェスが好投したが、3回に中村晃に2ランを浴び、7回1死二塁で登板した2番手・高梨が中村晃に適時打、3番手・大竹がグラシアルに適時打を浴びるなど4失点。

 巨人が日本シリーズで1安打敗戦は球団史上初。巨人は13年の楽天との7戦目の敗戦から、19年ソフトバンクに4連敗、この日の敗戦で屈辱のシリーズ8連敗となった。

 原監督は「非常に悔しい思いをしているのがね、もう、全員が悔しい思いをしているわけでね。まあ、結果としてこういう形になった。今日は今日のうちにしっかり反省するところはしてね、そして、明日に備えてゆっくり休んで。目が覚めたら覚醒しているということで、まあ、なってもらいたいと思います」と話した。

 9回2死から出た丸のヒットについては「まあ、別にヒットを打つというか、俺たちは勝つ野球をしているわけだから。1本のヒットは出たということぐらいですかね」と話した。

試合詳細

最新一覧