【巨人】エンジェル・サンチェス6回1/3を投げ3失点で降板 2番手・高梨が中村晃に適時打を許す

巨人先発のサンチェス

◆SMBC 日本シリーズ2020第3戦 ソフトバンク―巨人(24日・福岡ペイペイドーム)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が6回1/3を投げて3失点で降板した。

 初回は2死から柳田に右翼フェンス直撃の安打を許したが、グラシアルを空振り三振に仕留める。

 2回は2戦で8打数7安打の先頭打者・栗原をこの日最速154キロ直球で左飛に抑えると、デスパイネを三ゴロ、牧原を空振り三振に抑えた。

 3回も松田を空振り三振、甲斐を見逃し三振で3者連続三振に退けたが、2死から周東に内野安打と二塁・吉川尚の悪送球で得点圏に走者を許すと、中村晃に右翼席へ先制2ランを浴びた。

 4~6回までは無失点に切り抜けたが、打線がムーアの前に7回まで無安打無得点と沈黙。7回1死二塁となったところで高梨と交代したが、左腕が1死一、二塁で中村晃に右前適時打を浴びて3点差とされた。

試合詳細

最新一覧