松生理乃198・38点で完全V 坂本花織の「伸びに感動」滑りを参考に

優勝した松生理乃(代表撮影)

◇フィギュアスケート  全日本ジュニア選手権 最終日(23日、フラット八戸)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の松生理乃(16)=中京大中京高=がフリー1位の129・32点、合計198・38点で初優勝した。

 「去年は残念な結果になってしまったので、今年はショートもフリーもノーミスできて、優勝もできて本当にうれしい」。3位発進から9位に終わった昨年大会が脳裏に浮かんだが、練習で積み上げてきたものを信じて集中。最終滑走の重圧に打ち勝った。

 7月の全日本合宿に参加し、同じ班だった18年全日本女王の坂本花織の滑りに見入った。「ジャンプはもちろん、一歩一歩の伸びがすごいなって感動した。それを少しでも真似できたらいいなと思って練習した。足元にも及ばないけど、膝を曲げて柔らかく滑るところとかは成長したかなと思う」。自身のスケーティング技術の向上を実感している。

 年末の全日本選手権にジュニア女王として臨む。「今までずっとテレビで見ていた試合。初めて出られる試合。チャンスを無駄にせずに、自分が練習してきたことをしっかり出したい」と楽しみにしていた。

最新一覧