馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・成績提供中  東京 中京 小倉

【東京スポーツ杯2歳S・敗者の弁】4着プラチナトレジャーは最後にいい脚 田辺「上位に迫っていた」

4着のプラチナトレジャー

 ◆第25回東京スポーツ杯2歳S・G3(11月23日、東京競馬場・芝1800メートル、良)

 2歳馬10頭によって争われ、川田将雅騎手が騎乗した圧倒的な1番人気に支持されたダノンザキッド(牡、栗東・安田隆行厩舎、父ジャスタウェイ)が直線で鮮やかに抜け出し、デビュー2連勝で重賞を制した。勝ち時計は1分47秒5。

 1馬身1/4差の2着は5番人気のタイトルホルダー(戸崎圭太騎手)。さらに3/4馬身差の3着には3番人気のジュンブルースカイ(武豊騎手)が入った。

 田辺騎手(プラチナトレジャー=4着)「リズムよく走ってくれました。まだちょっと若い面はあるが、最後も脚を使って上位に迫っていた。いい面を見せてくれました」

 須貝調教師(ヴェローチェオロ=5着)「ゲートは速くなかったし、ジョッキーが思うような競馬ができていない。それでも差のない競馬ができたし、頑張っている。この後はひと息入れます」

 ルメール騎手(ドゥラヴェルデ=6着)「まだまだですね。大きな馬だし、まだ大人じゃない。背中の柔らかい馬で、距離も2000メートルくらいあった方がいいかな」

 横山和騎手(モリノカンナチャン=7着)「この馬も伸びてはいるんですが…。もう少し落ち着きがほしい。ただ、良い経験になったと思います」

 Mデムーロ騎手(レインフロムヘヴン=8着)「競馬にいくとテンションが上がってしまう。チークピーシーズを外してブリンカーにしたが、最後までハミが抜けなかった」

 大野騎手(モメントグスタール=9着)「前走よりレース内容も良かった。使いながら力をつけてくれれば」

 山田騎手(トーセンジャック=10着)「相手は強かったですが、芝の走りは悪くなかった。自己条件なら」

最新一覧