【巨人】石井琢朗野手総合コーチが三塁コーチ務めた…原監督「風景をお互い変えさせた」

5回1死一、三塁、左中間へ勝ち越しとなる3ラン本塁打を放った岡本和真を三塁で迎える石井琢朗野手総合コーチ

◆JERAセ・リーグ 巨人6―4ヤクルト(31日・東京ドーム)

 この日の試合は、石井野手総合コーチが三塁コーチを務めた。

 進塁の判断や、サイン伝達などを行う要職であり、普段は後藤野手総合コーチの役割だが、原監督は「後藤はずっと緊張感の中でやっていたので少し、外からチームを見てもらうと。(石井)タクもできる人だから。ちょっと風景をお互い変えさせて、どう見えるかというね」と説明。選手のみならず、コーチ陣の配置の最善策も模索していくつもりだ。

試合詳細

最新一覧