【DeNA】ロペス、1000安打に涙…外国人初の日米W達成 松井秀喜、イチロー以来3人目 G阿部2軍監督やC長野からメッセージ

4回無死、ロペスが日米で各1000安打を達成し記念ボードを掲げる

◆JERAセ・リーグ DeNA5―13阪神(31日・横浜)

 ロペスの目から涙がこぼれた。

 試合後のセレモニー。米国に住む家族からのメッセージがビッグスクリーンに流れると感情があふれた。4回に11号ソロを放ち、NPB8年目で1000安打を達成した。日米両国での1000安打達成は外国人選手史上初。松井秀喜、マリナーズ時代の同僚であるイチローに次ぐ3人目の快挙だ。

 「感動しています。イチローは今まで見た中で一番素晴らしい選手。どうやってヒットを打つか学んだ気がします」と振り返った。

 メッセージには巨人・阿部2軍監督、広島・長野、マリナーズ時代の同僚であるベルトレ、ベネズエラの先輩ビスケルも登場。最後に、昨季までチームメートだったレイズ・筒香からスペイン語で「僕が出会った中で一番素晴らしい選手」と言葉を贈られた。

 ロペスは「感謝しています。常に楽しみながら貢献できるようにやってきた結果。うれしい」と胸を張った。来日8年目。横浜のレジェンドになった。(岸 慎也)

試合詳細

最新一覧