井上尚弥、1日昼ラスベガスで圧巻デビュー…大橋秀行会長、動じない振る舞いにV確信「木鶏のようだ」

前日計量を一発クリアした井上尚弥(左)とジェーソン・モロニー(大橋ジム提供

◆プロボクシング WBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・井上尚弥―ジェーソン・モロニー▽スーパーライト級(63・5キロ以下)ノンタイトル戦 平岡アンディ―リッキー・エドワード(10月31日=日本時間11月1日、米ネバダ州ラスベガス MGMグランド)

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥の聖地ラスベガス・デビュー戦は1日(現地時間10月31日)に行われる。日本人軽量級ながらメインイベンターに抜てきされ、ファイトマネーは破格の1億円。各ブックメーカーのオッズもほとんどが1倍台をつける圧勝ムードの中、井上は現地30日に前日計量に臨み、117・7ポンド(約53・3キロ)で一発クリア。注目の一戦を前にも動じない振る舞いに、師匠の大橋秀行会長(55)は「木鶏(もっけい)のようだ」と勝利を確信した。

 体重計が「117・7ポンド」を示すと、井上はまるでボディービルダーのように、腹の位置で両腕をひし形にしてポーズ。そして力こぶをつくった。はち切れそうな上腕二頭筋、6パックに割れたバキバキの腹筋。鋼の肉体からパワーがあふれた。

 計量後はモロニーと再びフェースオフ。前日よりさらに顔を近づけてにらみを利かせた。井上はSNSに「この一年でパワーアップした姿を明日見せたいと思います。日本から声援パワーを送って下さいね」とつづった。「背中と太もも前面の筋肉が他の人と全く違う」と驚くマッサージ担当トレーナーは「試合直前までも筋肉は変わる。井上選手は、減量でスカスカなスポンジのようではなく、みずみずしい筋肉」と太鼓判だ。

 英ウィリアムヒル社が井上勝利に1・08倍(モロニーは7倍、30日現在)をつけるなど各ブックメーカーは王者有利を予想。この日の検診ではともに身長5・5フィート(約167センチ)もリーチはモロニー165・1センチに対し、井上は171・5センチ。数字も後押しする。

 ラスベガス初陣をメインイベンターとして務めることにもブレない。大橋会長は「尚弥は緊張しているでもなく、興奮しているでもなく、木鶏のよう」。木彫りの鶏のように全く動じない「最強」を示す言葉を使い、泰然自若とした態度に勝利を確信する。井上はホテルへ戻る際、フラペチーノをおいしそうに飲みながら部屋へ戻ったという。その後、ステーキとご飯を笑顔で平らげ、米スポーツ専門放送局ESPNのインタビュー後の夕食では、デリバリーで再びステーキを食べた。試合前日でも、いつもと変わらない生活だ。

 「期待やプレッシャーを力に変えて闘う」と井上。計量4時間前にはSNSで「何回経験してもこの時間は堪(たま)らんよね」と緊張の一瞬さえ、楽しみに変えている。夜には渡米3度目のPCR検査を受け、SNSで「それではまた明日!」とファンに呼びかけた。笑顔が浮かぶよう。これこそが井上の強さだ。(谷口 隆俊)

 ◆モロニー「夢成し遂げる」

 〇…モロニーも53.4キロで一発パス。計量後、自身のSNSで「私の夢を成し遂げる時は今だ」と続けた。ESPNの取材には「17年間、ボクシングに一生をささげてきた。ここにたどり着くのは大変な努力と多くの犠牲があった」と話した挑戦者。井上が昨年11月に判定で下した5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)を引き合いに「私は彼のやったことをはるかに上回るためにここに来ている」と独特の表現で勝利宣言した。

 ◆村田戦担当ベテラン裁く

 〇…試合を裁くのは、ベテランレフェリーのケニー・ベイレス氏(70)。15年のメイウェザーVSパッキャオ戦を始めビッグマッチを担当。17年に村田諒太(帝拳)がWBA世界ミドル級王座を獲得したエンダム戦でもレフェリーを務めた。ジャッジはパトリシア・モース・ジャルマン、マックス・デ・ルーサ、ティム・チーサム(いずれも米国)の3氏。

 井上尚弥対J・マロニー戦をWOWOWで生中継!前日には計量や会見の様子も特別番組で紹介!>>詳しくはこちら

最新一覧