仮装自粛に渋谷センター街理事長「若者に感謝。今までのハロウィーンは終わった」

仮装も「鬼滅の刃」が人気。嘴平伊之助(左)も登場した

 ハロウィーン本番を迎えた31日、例年、仮装した人たちでにぎわう東京・渋谷は、夜になっても大きな混乱はなかった。

 土曜日でもあり、午後7時頃から人出は多くなったが、仮装はまばらだった。渋谷区は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、仮装して騒ぐなどハロウィーン目的での来訪自粛を呼び掛けていた。

 2018年には集団に軽トラックが横倒しされる事件が発生。昨年も都迷惑防止条例違反(痴漢)や窃盗、公務執行妨害などの疑いで約10人が逮捕された。ゴミの散乱なども問題となっていた。

 渋谷センター商店街振興組合の小野寿幸理事長(79)は午後6時頃、商店街をながめ「人が例年の2割くらいしかいない。8割減。若者と(騒ぎを起こす)バカ者に分けさせてもらえば、自粛してくれた若者に感謝したい。今までのハロウィーンは今年で終わったと言っていいと思う」と話した。

 商店街は昨年まで、ハロウィーンで人が殺到して危険なため、店を閉めざるを得なかったり、ガードマンを雇って費用がかさむケースがあったという。この日はほとんどの店が営業していた。

 それでも仮装して来る人の中では、アニメ「鬼滅の刃」が人気。主人公・竈門炭治郎や、嘴平伊之助に扮(ふん)した人たちが、写真撮影をリクエストされていた。

最新一覧